2017年01月18日

厚木市での会社設立は様々な繋がりを持つ司法書士に頼もう

厚木市での会社設立は様々な繋がりを持つ司法書士に頼もう

 

厚木市で会社設立を目指しているならば、登記をした場合240,000円ほど掛かることは知っていますよね。
その登記が会社設立代行業者に頼むと自分で行うより安くなると言われているのはご存知でしたか?
会社設立の登記を司法書士に頼むのはわかりますが、その後の会社運営での手続きも司法書士だけで済むとは思えません。

 

厚木市で会社設立ランキング1位↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

?

厚木市で会社設立の代行が出来るのは司法書士だけ。

会社設立の代行業者が、個人より安い料金で代行サービスできるのは、電子定款を使って電子定款認証を行うからです。
この電子定款認証は収入印紙を必要としない為、その分料金も安くなるというわけです。
会社設立登記手続きの代行を行う司法書士が料金が安くなると言っている理由はここにあるのです。

しかし司法書士の事務所以外にも多くの税理士、弁護士の事務所が会社設立の代行を行っているのも事実です。
これはその事務所が司法書士に依頼したり、契約を結んで、会社設立で必要な登記の代行を行えるようにしているからです。

 

司法書士の仕事って?

税理士は税、弁護士は法律に関する事で会社をサポートします。では司法書士は登記以外どのような仕事をしているのでしょう?
司法書士は登記以外にも様々な手続きの専門家で法的な手続きを行う時のアドバイザー的な役割を担っています。
会社設立以外でも頼もしい法律のアドバイザー、それが司法書士なのです。

 

不動産登記

ではここから更に細かく司法書士の仕事を見ていきましょう。司法書士は土地や建物に関する
登記、売買、贈与、財産分与、地上権や借地権の登記なども行っており、住宅ローンの組み直しや、
返済が終わる時の手続きもしてくれます。

 

商業、法人登記手続き

こちらの登記が当ブログで取り上げている司法書士の仕事です。
会社設立、各種法人、役員の変更、資本金増加、事業内容の変更や合併や解散などの手続きをします。
司法書士は厚木市での会社設立に必要な存在であることがよくわかります。

 

裁判所、検察庁へ提出する書類作成

こちらの司法書士の仕事は個人や法人に関係なく起こる種類のものです。
調停、和解申立書、家庭裁判所、各種審判などへの申立書、自己破産、民事再生申立書などの書類を作成します。
このように司法書士の仕事を見て行くと様々な分野で活躍できる仕事ということがよくわかります。

 

厚木市で会社設立に強い司法書士を探すには?

厚木市での会社設立の為にインターネットを見ると色々な会社設立をする司法書士事務所が出てきたかと思います。
会社設立だけならば司法書士で良いのですが、会社設立後には税務の申請、各保険の申請と色々な届出が出てきます。
もしインターネットから代行業者を選ぶなら先の事を考えその事務所が出来る仕事内容を吟味する必要があります。

 

会社設立代行業者、司法書士のランキングの高い所の4つの特徴は?

 

  • 自分で会社設立登記をするよりも費用がやすい
  • 必要であれば税理士を紹介してくれる、または繋がりを持っている
  • 必要であれば弁護士を紹介してくれる、または繋がりを持っている
  • 会社を設立した後にも相談に乗ってくれる

 

と言ったものが挙げられます。個人で会社設立に奔走したり、業務が変わる度に各士業へ依頼するならば、
会社設立から会社が軌道に乗るまでのアドバイスをしてくれるような代行業者を探すほうが効率の良いことがわかります。

 

どうして税理士への紹介が必要なの?

税理士は税の専門家です。会社を運営するということは様々な税金対策も起きるということです。
税理士は決算報告、税金の申請、また節税方法、資金調達まで様々な支援をしてくれます。
会社の税金対策以外にも、助成金や補助金といった会社経営に有利な情報も提供する為なくてはならない存在です。

 

返済義務がない制度、助成金と補助金

国や地方自治体が企業に対して、事業展開を行っていく為、資金繰りの為に返済義務のない助成金や補助金を
出していることをご存知でしたか?以下のものがそういった制度にあたります。

 

助成金

  • 支給に必要な条件を満たすと受給ができる。
  • 書類整備の必要はなし。
  • 会計検査院の検査はなし。
  • 返済義務はない。
  • お金の支給は後払い。

補助金

  • 補助金が必要である証明をする必要があり。事業計画書など。
  • 必ず支給されるわけではない。
  • 事業に使ったという書類(支払い証憑)の提出が必要。
  • 会計検査があり、計画にあった使われ方がしたかどうかチェックされる。
  • 返済義務はない。
  • お金の支給は後払い

 

200万円の設備投資を行ううち100万円の補助を受ける助成金の場合、一旦自分が200万支払って設備投資した後、
助成金の100万円を受け取ります。この助成金には返済の義務がありません。 そしてこのような会社経営において有利になる制度をアドバイスしてくれるのが税理士なのです。

返済義務が無いというのが大きな魅力ですが、税理士が助言をしてくれるからこそ利用できるのです。
どのような補助金や助成金があるのか、必要条件を満たしているかなども税理士がサポートしてくれます。
司法書士の事務所ではあるが税理士と繋がりがある、このような事務所が会社設立では必要となってきます。

厚木市で会社設立を目指すならば設立時だけ司法書士に頼むというのではなく、
その後の会社経営のことも考え様々な士業と提携もしくは所属させている司法書士事務所を探すべきなのです。
上手に見極め厚木市での会社設立が成功することを心より願っております。

 

厚木市で会社設立ランキング1位↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 厚木市 会社設立 おすすめ

  • 厚木市 会社設立 税理士

  • 厚木市 会社設立 行政書士




  • posted by 会社設立ザベスト at 01:47| 日記 | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。